グルタミンは、筋トレを行う際のコンディションの調整に非常に役に立つ成分です。日常的に筋トレをしていたり、サプリメントを摂取したりしている方は、よく目にする名前なのではないでしょうか。グルタミンには様々な働きがあるため、トップアスリートの方はもちろんですが、普段運動をする習慣がないという方も、摂取することによってさまざまな効果を実感することができるはずです。では、具体的にグルタミンがどのように健康によく、そして筋トレに効果があるのか?この記事では解説していきます。

グルタミンとは

グルタミンは、アミノ酸の一種です。
アミノ酸というと、タンパク質を構成する要素の一つと考えている方も多いと思いますが、このグルタミンは「遊離アミノ酸」といって、他のアミノ酸と結合することなく、単体で存在し、たんぱく質にはならないアミノ酸です。普段はその名前の通り血液の中や臓器の中に遊離して単体で存在しています。
そしてこのグルタミンは、全ての体内の遊離アミノ酸中の「60%」という非常に高い割合を占めているアミノ酸です。
たくさんの割合を占めているということは、それだけたくさん消費されるということです。

血液の中や筋肉の中に大量に貯蓄されていますが、ストレスがたまっているときや、疲労がたまってるとき、または風邪をひいた時などに大量に消費されてしまうため、そのストックは常に消費され続けていきます。
グルタミンは人の体の中で合成することができるアミノ酸なので、非必須アミノ酸に分類されますが、体内での合成量だけではまかなえないほど大量に消費されるので、「準必須アミノ酸」とも呼ばれ、積極的に普段の食事から摂取していきたいアミノ酸になります。

ちなみに、グルタミン酸という名前をよく聞くと思いますが、グルタミンとグルタミン酸は名前は似ていますが、実は全く別のものです。

グルタミンと筋トレの関係

グルタミンはアミノ酸なので、直接筋肉になるのではないかと考える人もいますが、そうではなくサポート的な役割がメインです。
筋トレなどの負荷の高い運動を行った後で、人の体はグルタミンを大量に消費します。
グルタミンを消費することで人は筋肉の修復をしたり、疲労を回復させたりします。
逆に言えば、グルタミンが不足することで筋肉の修復が遅くなってしまったり、筋トレの後の疲労が回復しにくくなったりしてしまいます。

また、激しい筋トレを行うと、体の免疫機能が低下します。その低下した免疫機能回復させるという役割もグルタミンにはあります。
こういった働きから、筋トレにおけるくれたみんな働きというのは、直接的な筋肉増強の役割というよりも、スムーズに筋トレの効果を発揮し、筋トレのマイナス面の作用を起こさないための抑止力となる成分だと言えます。

グルタミンの摂取方法

グルタミンはもともと胃潰瘍の薬として使われていました。
そのため、胃の調子を整えたり、腸の働きを整えたりといった作用があります。
逆に、その作用があるため、少量の摂取では腸の活動エネルギーとしてグルタミンが使われてしまうので、ある一定量以上の摂取が必要になります。

目安としては、体重の軽い男性は5g 、体重の重い男性は10g という量を摂取するのが目安となります。
この量のグルタミンを摂取することによって、筋トレに役立つグルタミンの働きである「筋肉の分解防止」しや、「免疫の低下防止」という作用が現れます。

摂取するタイミングとしては、負荷の高い筋トレを行った直後が良いでしょう。
このタイミングで摂取することによって、筋トレによって起こるマイナス面の作用を予防することができます。

まとめ

このように、グルタミンには激しい筋トレの後で、筋肉が分解されてしまうことを予防する効果や、免疫力の低下を予防する効果があります。そのため、筋トレに関するコンディション調整に役立つアミノ酸といえます。
特に、これまで筋トレをしていて、筋トレの後の疲れが取れない人や、筋トレの後に体調が悪くなるといった症状がある人はグルタミンが不足している可能性があります。
毎日のトレーニングをベストコンディションで行うためにも、ぜひグルタミンを筋トレの後に摂取する習慣をつけてみてはいかがでしょうか。